Amazon

  • ベストセラー
  • おすすめ

楽天

  • おすすめ
  • トラベル

映画・テレビ

2011年10月 4日 (火)

映画 はやぶさを見たい

各種探査衛星は打ち上げてから目的地まで到着するのに
気が遠くなるほど待たされ 忘れた頃に 結果がわかったりしますね。

はやぶさの映画が公開されましたね。
機会を作って見に行きたいと思います。

惑星イトカワのサンプルを持っていると信じられて
去年の6/13に大気圏突入してオーストラリアだったかな?に着陸しました。

宇宙に出て天体に着陸して戻ってくるというというのは世界初だそうですね。
それ以外にも世界初なことがるみたいですが技術的な事や成果はよくわかりません
とりあえず映画を見てから気になれば はやぶさ本でも買って勉強しようかと思います。

はやぶさ

2011年10月 2日 (日)

皆既日食をみたくなった。

月と太陽の神秘2
前回は 地球が月と離れる日でした。
へーそうんだって思わせるないようでした。

詳しくは10/1の記事を読んでみてください。
記事


地球と月


簡単にいうと
月は太陽系のあらゆる衛星の中でも大変ユニークな存在で
強い引力で地球を守ってくれているという話ですね。
しかし地球から徐々にスピードを上げながら遠ざかっている。
遠ざかると地軸が乱れ地球環境に大きな影響を及ぼすって事でした。


今回は太陽の皆既日食。
2010年7月南米チリの海岸からおよそ3,200Km沖合いに浮かぶイースター島に多くの天文学者が集まって観測をしようとしました。
日食を見ずに太陽は語れないとか・・・
太陽の神秘を解き明かし宇宙の謎に迫ろうとしています。

太陽は天の川銀河におよそ2,000億個ある恒星のひとつで太陽を調べれば宇宙の秘密も明らかになるでしょうが太陽にも多くの謎が隠されているそうです。

太陽というのは中心で膨大な数の水素爆弾が爆発しているのと同じで常に続いている
また地球から1億5000万キロ離れているが時として 私たちの生活に大きな支障を与えることもある。
1989年 太陽嵐によりカナダの発電所に過剰な電流が流れ設備が破壊され大規模停電が起こったらしい。

2003年には太陽の表面で大きな爆発が続き 吹き出した粒子が衝撃波として地球に向かってきて
人工衛星に衝突して衛星通信が途絶えてしまった。 観測史上最も強烈で長く続くものだったみたいです、

太陽嵐は現代テクノロジー社会にとって深刻な脅威となるため 仕組みを解き明かし出現を予測する宇宙天気と呼ばれる研究分野ができているみたいです。

そもそも皆既日食が見れるのは太陽系では地球だけだそうです。
その理由は太陽は月の400倍 距離は月の400倍遠くにあるため地球から見ると太陽と月はほぼ同じ大きさになるためなんだそうです。すごい奇跡的な偶然ですね。 何かの本で月は人工で作られたものって書いてあったけどこの偶然からならうなずけます。

太陽は核融合でエネルギーを生み出しています。
ただ核は密度が高いためエネルギーが出てくるまで100万年かかるんだそうです。
つまり今見えている光は100万年前にできたものを8分程度かかって地球に届いているみたいです。
なんか不思議ですね。


内容濃すぎて書ききれませんが
ちょっと皆既日食を見てみたくなりました。
肉眼でも太陽の活動が見えるみたいです。

生きている間に日本でみられるかな?


太陽風が激しい時にオーロラも見たい。

2011年10月 1日 (土)

地球と月の関係ってそうなんだ?

中秋の名月 
月が大きくまん丸に見えましたね。
おはぎは食べ損ないましたが 月はしっかり見えました。

先日Eテレで地球と月のふしぎな関係をやってました。
地球と月は約45億年前に誕生しました。
原始惑星同士(地球と他の惑星)がちょうどいい具合にぶつかり破片みたいなものが地球の周回軌道にのり月になりました。


また驚いたことに 地球と月は毎年3.5cmほど遠ざかっているみたいです。
5億年前は2cmほど 年々大きくなるみたいです。
どうやって測っているかというと NASAが月面に来た光を来た方向に返す特殊な鏡を設置したみたいで毎年レーザーを照射して反射時間を計測して測定しているそうです。

また月の引力が地球の地軸を23.5°に安定させているため 地球では季節の移ろいや日の出日の入り等
が安定しているのだそうです。

ただし地軸の傾きは常に一定ではないみたいです。
木星などのより大きな惑星の影響で周期的に1.5°ほどの揺れが生じているみたいです。

月が遠ざかると地軸のゆれはもっと大きくなるみたいで 地球に重大な影響をもたらす可能性があるそうです。

今から10万年前 地軸のわずかな傾きによりアフリカの青々とした森を砂漠に変え
それがきっかけで初期の人類はアフリカから北に移動し、その一方ヨーロッパや北アメリカでは氷河が発達し寒冷な時代が何万年も続いたんだけど
月があったおかげでこの程度で済んだみたいです。

月がなかったら今と違う地球になっているくらい 地球に対する月の影響は大きいみたいですね。

月の引力で海面がひっぱられ干潮満潮が起こるのは知られていますが
実は陸地も毎日30cm程度ですが陸地全体が上がったり下がったりしているみたいです。

月が遠ざかり月の引力がなくなるとき 地球は破滅に向かうみたいです。

結構面白い番組を放送してますよ。
地球ドラマチック


ただ実際は月が遠ざかっていくよりも太陽の膨張のスピードの方がはやく地球が飲み込まれます。
太陽の終わりと同時に道連れです。

高校時代に化学の先生が雑談で話していた事を思い出しました。

2011年9月28日 (水)

国会中継は面白いですね。

物ごころついた時から 恐らく小学校低学年の頃からだと思うが ウチの親父はTVもラジオも常にNHKでした。映像はつまらない 聞こえてくる音声は華やかさがない。アナウンサーは地味で固い。

受信料等の問題があったりして 今でこそNHKがこんな番組やるんだ?って物もありますがそれでも総じてやはりNHKです。

子供の頃はつまらないと言ってアニメやバラエティ番組にすぐ変えてしまった記憶があります。


そんな私がいつ頃からだろうか
親父ほどではないがNHKをよく利用するようになりました。子供達からは当然嫌がられます。
でも朝の通勤時は欠かせません。ニュース以外にも気になるネタを提供してくれますから。
19時21時のTVもよく利用します。

恐らく 主に株だが金融取引をやり始めた頃 ニュースに敏感になっておりNHKは最低毎時間毎やるからというのがキッカケです。
今思えば ニュースで発表される頃は 仕込み済みで売り時という事が多いんでしょうけどね。

仕事で車で移動ってのも多く耳から聞こえるNHKラジオは重宝しました。全国で聞けますしhappy01


過去に何度もラジオやTVで国会中継を見聞きしましたが何度見ても面白い。

今は震災関連の予算委員会で内容にも関心があり注目してました。残念ながら休憩時間の1時間程度しか見れませんでしたが。

中には凄いつまらない人もいるし わかり辛い質問者も居ます。
が 話術に長けている人は凄く面白い!
面白がってはいけないのですね!
勉強して真剣にやってますから。

色んなディベートに参加したりして話術を磨かれていることでしょう。

手順はザックリこんな感じです。

大臣就任に関する祝辞、災害等の被災者、被災地への哀悼の意 等から始まり

メインテーマに入る前に過去の発言した内容を改めて質問しその場で発言させて 言質をとり 逃げ道を塞ぎ そら見たかと畳みかけていきます。 答弁者も歯切れが悪い事しか言えないヤツもいれば キッパリ反論する者もいて見応えあります。

ヤジも見物ですね。

どうやって感情をコントロールしてるんだろう。
海江田さんなんかは泣き出したりして批判されてましたが…

今の私には絶対耐えられません。
ヤジった人間に暴行しますね たぶん。


あの話術や感情コントロールは永遠の課題です。


2011年9月23日 (金)

大工が作った発電機!

この前何気なくテレビをみていたら 気になるものが放送されてました。

夢の扉+という番組内です。


なんと大工が発明した発電機!です。
平松式発電機で発電効率が8%向上するといわれています。実用化されたら大変な事になります。

元大工の平松さんが定年後 何かの拍子に若い頃 通勤で使っていた自転車が ライトをつけると重くて困っていた事を思い出し何とかならないかと思った事がはじまりだそうです。

今でもあるダイナモの事です。
詳しくはわかりませんが電気の世界ではコギングトルクと呼ばれ広く知られる現象みたいです。

これがライトをつけた時に重みを感じる原因だそうです。

3年間イロイロ試行錯誤していたある時発電機を二つ並べて回転させた時に重みが軽くなったみたいです。

そこから昔の大工仲間達と一緒に試作機を作り
色んなメーカー等でプレゼンしたが素人はやめておけ等 門前払いをくらっていたみたいです。

これでダメならやめようと決意して最後 京都大学に電話したところ偶然にも電気工学の中村准教授につながり話したところあ会ってくれる事になりました。

後日 機材を持ち込み調査したところコギングトルクが8%も抑え込まれていたそうです。
中村准教授は大変興味を持ったみたいで過去の特許を調べたが類似しているものはなく学会で発表したらオファーが殺到したそうです。

イロイロな分野で活用される事を期待します。

カップヌードルミュージアムでもきっかけは日常生活のなかにある。違う角度で物を見る等 同じような事をいってました。


夢は諦めないことですね。
参考にします。

夢の扉+

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ